2014年01月13日

「希望」という生きる力

てるみん.JPG
「なくしたものとつながる生き方」
尾角光美 著/サンマーク出版
http://www.amazon.co.jp/dp/4763133438

てるみんの本をTSUTAYAで発見!
もちろん、早速購入。

彼女との出会いは
昨年のパタゴニア@鎌倉でのイベント。
リブオンという団体で、グリーフケアという
活動をされています。

グリーフケアとは、身近な人や大切な人を
なくされた方々の、心のサポートです。

欧米では一般的に知られているもので、
心理の専門家だけでなく、宗教者、葬儀社、
病院、学校などが遺族にサポートの情報を
提供したり、ケアの場所をつくったりして
いるそうです。

日本ではまだあまり知られていないのですが、
東日本大震災の被災地、昨年もメディアを
騒がせたいじめ自殺や体罰問題など、
心のケアに対するニーズは高まってきています。

なぜ、このような活動をしているのか?
彼女は10代の終わりに父親が家を出ていき、
母親が自ら命を絶ってなくなりました。
そして20代の終わりに、
お兄さんを病気で失いました。
30歳を目前にして家族をすべて失い、
ひとりぼっちになってしまったのです。

「なくしたものとつながる生き方」
この本には、そんな彼女が自身の歩みを通して
得てきた生きる知恵が書かれています。

全てが珠玉の言葉で、心に響いてきます。
なぜなら、大切な人を失ったことのない
人はいないからです。

ここでご紹介すると、本の全てを引用すること
になってしまうのでやめておきますが(笑)
一つだけご紹介させてください。

希望というのは、どこにあるのか。
光はいったいどこに見出せるのか。
それは明るいところに見つけられるのではなく、
真っ暗闇の、どん底の悲しみの中から
生まれてくるんだ、ということを
知ることができました。

つい最近、Facebookで目にした
ジョン・レノンの言葉。

希望。それ自体は幸福の一様態にしか過ぎない。
だけど、ひょっとすると、現世がもたらし得る、
一番大きな幸福であるかもしれない。

★★★ 告 知 ★★★
来月は2月7日、てるみんと一緒に、
エコメディアサロンでイベントをやります!
「なくしたものとつながる生き方」
出版記念 対話イベント
https://www.facebook.com/events/633427090031642/?ref_dashboard_filter=upcoming

ご興味のある方は、ぜひご参加ください。

posted by カワセケンジ at 15:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。