2013年12月25日

宮城・栗駒のスギから生まれたストーリー【第八回】

弊社の「カーボン・オフセット付き
薄紙印刷を通じた環境&被災地貢献」
プランが無事に環境省に採択され、
マイクライメイトジャパンの方と
打合せを開始しました。

震災以降、宮城県南三陸町の戸倉小学校
PTAをご支援してきたこともあり、
どの被災地支援オフセット・クレジットを
使おうか、選んでいた時のことです。

日本の森バイオマスネットワーク
この文字が、私の目に飛び込んできました。
オルタナ復興支援バスミッションに参加した
2011年4月23日、ワイス・ワイスの佐藤さんと
一緒に宿泊したくりこま高原自然学校や
佐々木さんのお話が、鮮明に蘇ってきます。
http://kawaseouendan.seesaa.net/article/199534641.html

佐々木さんや大場さんがペレット燃料を活用し
クレジットの創出に乗り出したことは、
第三回でお話しましたね。
…だいぶ時間が経っていますが(汗)
http://kawaseouendan.seesaa.net/article/370867341.html

woodpellet.jpg

「このクレジットを利用できれば、
たとえ僅かでも栗駒にご恩返しができる!」
その時、私は思いました。
posted by カワセケンジ at 18:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。