2013年12月24日

宮城・栗駒のスギから生まれたストーリー【第七回】

さて今回は、少しマニアックで難しい話です。

環境分野では常識のカーボン・オフセットですが、
一般社会では理解度・浸透度が低いのが現状。

北海道を拠点にブックオフなどの
リサイクルショップを展開する
株式会社エコノスは、カーボン・オフセットを
普及させるべく、スイスのNPO法人
マイクライメイトとの共同出資により
マイクライメイトジャパンを
2011年11月に設立します。
http://jp.myclimate.org/jp.html

震災後、環境省は国内における
オフセット・クレジット(J-VER)制度の中でも、
被災地クレジットを活用することで復興支援に
つながる寄付型のカーボン・オフセット事業を
推進していきます。

マイクライメイトジャパンでも、
岩手県・宮城県・福島県などいくつもの
被災地支援オフセット・クレジットを
提供しています。

このクレジットを活用したスキームで
環境省の採択事業に選ばれたのが、弊社の
「カーボン・オフセット付き薄紙印刷を通じた
環境&被災地貢献」プランです。

@薄紙の活用による省資源
Aカーボン・オフセットによるCO2削減
B被災地の排出権を使うことによる被災地貢献
というトリプル貢献が特徴で、
印刷用紙では初めての採択事業となりました。

図1.png

いよいよ、栗駒の森の輪が動き始めます。
posted by カワセケンジ at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。